トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

全科目の効果的学習につながる普遍的な話/06_試験場へはこれを持って行こう

Last-modified: 2009-05-23 (土) 05:12:18 (3344d)
Top / 全科目の効果的学習につながる普遍的な話 / 06_試験場へはこれを持って行こう

試験場にはティッシュとマスクを忘れずに

 おまけ的な話ですが、試験会場には絶対にティッシュとマスクは忘れないようにしましょう。
入学試験はだいたいが冬場の寒い時期に行われます。インフルエンザなどが流行りだす時期なので、体調を
崩す危険が大きくなります。
もし試験当日、風邪を引いてしまって鼻水がとまらなくなったら・・・。
鼻水が気になって気になって、とても試験に集中できないでしょう。そのせいで出来はさんざんなものに・・・。
なんてことになっては後悔してもしきれません。
こんなことにならないためにも、ティッシュとマスクが必要なのです。
マスクと顔の間にティッシュをはさんで装着すれば、鼻水がたれるのを気にすることなく試験に集中できます。
バカらしいかもしれませんが、鼻水がたれるのを気にするのと気にしないのとでは大きな違いです。
精神的な安らぎが得られます。
ただでさえ限られた時間内に問題を解かなければいけないのに、そこへ鼻水による精神的なイライラが重なったら
どうなるでしょう。もう結果は最悪です。
ところがティッシュとマスクさえあれば、少々汚いのを我慢するだけで試験に十分集中できます。
各教科の試験が終わるたびにティッシュだけ交換すればそれなりに快適ですし。
この違いは大きいですよ。ぜひとも試験会場にはティッシュとマスクを忘れずに。

 あと、当たり前ですが時計も。時間がわからないとあせりや不安の元です。
それから、できれば大量の鉛筆と鉛筆削りも持っていけるといいでしょう。
本番中に全てのシャーペンが壊れて使用不能に陥る可能性が無いとも言い切れません。
そんな時に絶望に打ちひしがれぬよう、鉛筆は必ず持って行きましょう。
さらに、出来ることならインフルエンザ予防接種も受けておきましょう。
病院によってワクチンが入り始める時期が違うようなので、病院へ直接問い合わせて入っていたら早めに病院へ行きましょう。
12月ごろになると、みんな受け始めるのでワクチンが足らなくなったりします。
防げるトラブルは事前に防ぐ。
大事な試験なのでこれだけは徹底しましょう。

 私はインフルエンザの予防接種もしていたのでインフルエンザにはかかりませんでしたが、
かわりに副鼻腔炎というものにかかって、試験当日に39度の熱が出たことがありました。
もちろんその日は落ちました。
おそらく、電気代をケチって寒い部屋の中、勉強をしていたのがいけなかったのだと思います。
寒い時期だけに何が起こるかわからないので、健康管理にだけは絶対に気を配るのを忘れないでください。
部屋は出来るだけ暖かく、うがい・手洗いはかかさずに。