トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

高3から1年で大学合格 -私の体験談と学習方針-/08_センター試験

Last-modified: 2009-02-02 (月) 18:17:28 (3572d)

本番を迎えるに当たっての心構え

 いよいよセンター本番。
自分の実力を最大限発揮するために、

  • 体調および頭の調子を最高の状態へもっていく
  • 忘れ物をしない

ことを心がけましょう。
忘れ物をしてしまうとやはり心に焦りが出ます。
そうなると、いつものように落ち着いた状態で試験に挑むのが難しくなってしまい、
実力を発揮できない原因になります。
試験前日に、何度も何度も持ち物をチェックして、カバンに入れておきましょう。
そのときに「持ち物チェック表」などを作っておくと便利だと思います。
また、シャーペンが壊れたときなどのためにも、鉛筆は大量に持っていくことをオススメします。
 体調管理は普段から心がけるとして、ここでは頭の調子がピークになるように
持って行くことを考えようと思います。
まずは、

  • 最低でも試験開始の3時間前に起きる

ようにしましょう。
人間の頭がしっかり回転するようになるまでには、起床後3時間ほどの時間を要すると言われています。
試験中に頭がボーッとしないためにも、3時間前には最低起きておきましょう。
そして、当然ですが

  • 朝ごはんをしっかり食べる。

朝食を抜いていては頭が動きません。
それから、

  • 試験前は参考書を開かない

ようにしましょう。
そんなに心配しなくても、今までしっかり学習して来たならそんな短時間に忘れたりはしません。
それよりも、試験前は頭をリラックスさせて、試験開始の合図と共にフルスロットルで走り出せるように
準備をしておきましょう。
 そして最後に、心を落ち着かせるために

  • 9割を狙っているなら6割を狙う

つもりでいましょう。

本番の試験で一番怖いのが、目標点になんとか届きたいと強く思うあまり、自分を精神的に追い込んでしまうことです。
「センター試験を落としたら後が無い・・・」なんて不安な気持ちでいると、試験中もプレッシャーで手が震えたりします。
そうなってしまうともう、どツボです。まともに実力を発揮するのは不可能でしょう。
そうならないためにも、気持ちの上では目標点を3割減くらいに据えておきましょう。
目標から3割減なんですから、自分の実力を普通に出せば悠々とクリアできるレベルです。
試験中にも、3割減のラインに到達できたことを実感できるはず。
そうなれば、とりあえずの目標はクリアできたわけですから、心も落ち着きます。
こうするだけでも、ずいぶんと緊張の度合いが違ってきますよ。