トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

受験の前に知っておく18のこと/17_がんばって!

Last-modified: 2009-05-23 (土) 05:03:44 (3462d)

がんばって!

「数学の勉強、むずかしそうだけどがんばって!」
「あした試験だよね。がんばって!」
などなど、「がんばって」という言葉っていうのは、受験のみならずいろいろな場面で
使われることが多いですよね。
でも、「がんばって」というその言葉、「便利だから」という軽い気持ちで使ってはいませんか?
「がんばって」という言葉はともすれば、
「すでにもうがんばってるよ!」
「適当なこというな!」
「がんばってるけどできねーんだよ!!」
なんて、相手の反発心を招きかねません。
とても「無責任な」言葉に聞こえてしまうんですよね。
「自分には関係ないけど、お前はがんばれよ」、みたいに。言う本人がこう思っているかどうかに関係なく。
特に、自分がすでに合格が決定していて、相手がまだ決まっていない場合などは要注意です。
それに、試験前日なんかにこの言葉をかけてしまうと、相手が気の弱い人であれば
過度のプレッシャーを与える原因にもなりかねません。
「あぁ・・・あんなに言われたらがんばって結果出さないと・・・」ってな具合に。

 でも、言葉を少し変えて、「がんばろうね!」にしてみると、
なんだか印象がとてもやわらかくなる気がしませんか?
これならば、「自分もアナタも、お互いがんばって受験を乗り越えよう」という気持ちが
伝わってくるはず。
「アイツが頑張るんだから、自分も頑張ろうか」という気にさせてくれます。元気が出ます。
言葉を少し変えるだけで、結構印象が変わるもの。
ちょっと気をつけるだけで、気の利いた人間になれるものです。
特に受験期の、精神的に落ち込んだり、まいったりしやすい時期には、このちょっとしか心づかいが、
人間関係を円滑にさせるために重要なことでもあったりしますよ。